未来設計株式会社・株式会社細田工務店による研修

平成26年2月25日

住友林業住宅展示場見学。日本における大手ハウスメーカーの供給する住宅を知る目的で住友林業住宅展示場へ。

住宅展示場にて

都庁見学。東京という街を俯瞰するとどのように見えるのか。Vu氏はベトナムのホーチミンやハノイとは違った形態での街の密度に驚いたようだった。

都庁にて未来設計大洞氏と

平成26年2月26日〜27日

未来設計・細田工務店住宅現場見学。Vu氏から自身がアウトソーシングとして仕事を行っている日本のプレカット住宅を是非見てみたいという要望があり、住宅現場へ。自身が手掛けた図面を基に実際の建物が立ち上がるという実感を持てずにいたというVu氏は、この見学により今後の仕事に対するモチベーションも上がったようで「早くベトナムに帰って仕事をしたい」と意気込んでいた。

住宅現場にて

平成26年2月28日

細田工務店本社ショールーム見学。Vu氏はショールーム内に置かれた壁の構造模型に興味を示しており、特にベトナムでは見る事の無い外壁の仕上材について担当者に質問を重ねていた。

細田工務店本社ショールームにて

平成26年3月1日

Vu氏ベトナムへ帰国。

終わりに

 本研修プログラムに参加したVu氏の各現場における評価は非常に高く、言葉が通じない中必死に身振りやスケッチによるコミュニケーションを計り、より多くを知ろうとする姿は「ベトナム人は日本人に似て勤勉である」というイメージそのものであった。

 高度成長を続けるベトナムでは己の成長の為であれば国外に出てゆくことも厭わないという若者も多い。今後は今回のような研修への参加だけでなく実務として単身日本の建築業界に飛び込むベトナムの若者も多く登場するようになることが予想される。Vu氏は今回の研修で得た経験を基により多角的な視野を持って国内外問わず広く実務をこなす事ができるだろう。そして近い将来、Vu氏が職人衆を引き連れチームとして日本の歴史的建造物修復現場に再び戻ってくることを関係者一同期待して待っている。